« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

歴史が変わるか?ドバイ・ワールドCでの日本馬に期待!!

レッドディザイア、歴史作る!松永幹師「不安ない」…ドバイ・ワールドC スポーツ報知 - 2010/3/27 8:00

 【ドバイ(アラブ首長国連邦)26日】世界最高賞金のG1、ドバイ・ワールドC(メイダン競馬場、オールウェザー=AW2000メートル)が、日本時間27日深夜に行われる。日本馬として初の同レースの勝利を目指すレッドディザイアは、戦いの前日も順調に調整。有力馬の一頭として、現地マスコミからも熱い視線が注がれた。27日は、他にブエナビスタが、ドバイ・シーマクラシック(芝2410メートル)、ローレルゲレイロが、ドバイ・ゴールデンシャヒーン(AW1200メートル)、グロリアスノアが、ゴドルフィンマイル(AW1600メートル)に出走する。

 レースが近づくにつれ、日本からやって来た3歳牝馬への注目度は、いっそう高まっている。レース前日の26日、ドバイの地元紙「Khaleej Times」では、スポーツ版の1面で「レッドディザイアが歴史を作る」と大々的に特集。ドバイ・ワールドCで初めての牝馬制覇を期待する記事が掲載された。

 遠征した当初は無名の存在だったが、前哨戦のマクトゥームチャレンジ・ラウンド3を勝って、周囲の見る目が変わった。破った相手が、昨年の2着馬グロリアデカンペオンだったこともあり、地元紙の紙面では、連日“主役級”の扱いを受けている。

 この日の調整でも、100人を超す国内外のメディアが、メイダン競馬場のオールウェザー(AW)コースをキャンターで流す姿に熱い視線を送った。「特に大きな問題はない。環境が変わっても結果を残しているし、こんな牝馬はなかなかいない」と松永幹調教師は余裕の表情で言った。

 本番と同じ、AW2000メートルのレースを勝ったことは、大きなアドバンテージになる。「前回は半信半疑だったけど、1回使って結果が出ているし、不安はない」と松永師はキッパリ。日本の、そして世界の競馬の歴史を変える戦いが、いよいよ始まる。

 ◆オールウェザーコース 砂や繊維、ワックスなどを使用した、全天候型の馬場。クッションとグリップが利いて、キックバック(馬が路面を蹴ることによる馬場表面の跳ね返り)が少ないのが特徴。ダートより芝に近いと言われ、瞬発力に秀でた日本馬にとって、悪くない条件だ。

 ◆ドバイ・ワールドC 96年に創設された国際G1。今年の1着賞金は600万ドルで、世界最高。昨年までは、ナド・アルシバ競馬場のダート2000メートルで行われていたが、今年から、新設のメイダン競馬場のオールウェザー2000メートルに舞台が替わった。過去に、のべ17頭の日本馬が参戦し、01年トゥザヴィクトリーの2着が最高。

いよいよ今晩。

過去、どの日本馬よりも期待が持てそうな今回、これで勝てなければ、今後勝つのはなかなか難しいかもしれませんね。

しかし、逆にレッドディザイアがかてれば、一気に今後、日本馬の活躍が増えそう。

いや~、ワクワクしますね。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことしは二桁勝てそうな予感。【唐川が11奪三振完投 ローテーション投手の自覚も】

唐川が11奪三振完投 ローテーション投手の自覚も スポーツナビ - 2010/3/22 18:37

 千葉ロッテは22日、敵地・西武ドームで埼玉西武と対戦し13対2で快勝、開幕3連戦を2勝1敗と勝ち越した。この日、チームに勝利を呼び込んだのは3年目の若武者・唐川侑己。「初回は浮き足立っている感じでした」とシーズン初登板の緊張とともに上がったマウンドだったが、立ち上がりを3者凡退に抑えリズムをつかむと、5回まで走者を1人も出さないパーフェクトピッチング。疲れが見え始めた6回以降に2点を失ったものの、被安打5、四死球1、奪三振11で完投勝利を収めた。

 圧巻だったのが5回のピッチング。先頭の中村剛也を140キロのストレートで空振り三振に切って取ると、続くブラウンはストレートを外角にコントロールして見逃し三振。さらに6番のG.G.佐藤からはスライダーで空振り三振を奪い、埼玉西武が誇るパワーヒッターたちをきりきり舞いにさせた。
 この日のストレートの多くが130キロ台ながら、球速表示以上の球威で埼玉西武打線を牛耳り、「ボールがしっかり指にかかっていましたと満足げ。加えて「ボールの精度もコントロールも良かった」と敵将・渡辺久信監督も脱帽するなど、制球も安定。打線の援護にも恵まれ、終始危なげない投球を披露した。
 しかし、9回2死から石井義人を歩かせ、無四球完投を逃したことには「ああいうところがまだまだ。こういう点差でも最後を3人で切らないといけない」と反省。先発完投を期待されるローテーション投手としての自覚をのぞかせた。

取材協力:ベースボールタイムズ

今年は、大ブレークの予感が。

唐川入団時の三羽ガラスは、今シーズン、各自ともにブレークの兆しがありますね。

そうやって、ライバル同士が切磋琢磨し合い、超一流へと成長してもらいたいものです。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »