« 2009年3月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

あす、内藤大助VS亀田興毅のWBC世界フライ級タイトルマッチ!

内藤と亀田、視線合わせず=WBCフライ級調印式 スポーツナビ - 2009/11/27 17:11

 王者・内藤大助と挑戦者・亀田興毅により争われる「WBC世界フライ級タイトルマッチ」(29日、さいたまスーパーアリーナ)を2日後とした27日、都内で両者によるタイトルマッチ調印式が行われた。

 饒舌(じょうぜつ)な内藤、数々のパフォーマンスで知られる亀田と、“役者”の2人が9月の対戦発表会見以来2か月ぶりに顔を合わせるため、“何かが起こる”予想がされたが、両者言葉少なに、そして十分すぎるほど慎重に意気込みを口にしたのみで、早くも緊迫感を漂わせつつ調印式は終了となった。

 先に会場へ姿を現したのは体調管理のためマスクをした亀田。程なくして内藤も入場するが、お互い相手を見やろうとしない。亀田の傍らには屈強な2人のボディーガードの姿も見える。
 この日は両者そろっての写真撮影、調印式終了後の囲み会見も一切なし。大会プロモーターである宮田ジム・宮田博行会長は、これを「スムーズな進行を取るため」と説明したが、お互い視線すら送らない会見中の様子からも2人が互いに強く意識しているのは明白だった。

 質疑応答へ移っても、腹のうちを探られないためか、一様に簡潔な受け答えに終始する。

「本当に順調でコンディションもいいです。(亀田のことは)テレビや新聞で見てるから久しぶりの気がしない。(勝負のポイントは)分からないです、勝った方が強い。試合はやってみないと分からないし、勝つためにこれまでやってきたから勝ちに行きたい」(内藤)

「今日までできることは全部してきたので、あとは29日の試合で最高の結果を出す、自分のボクシングをするだけです。最後は気持ちの勝負だと思うので、気持ちを出して、闘志を持って臨みたい」(亀田)

 お互いへのメッセージを求められると、内藤が珍しく強めの語気で「ないよ」と答えたが、これに対し亀田は「きれいな試合をしましょう。素晴らしい試合を」と答え、こちらもらしくなく穏やかに答えた。

「何が起こっても絶対勝つのはおれです」と強気に言ってのけるのが“亀田流”なら、作戦通り戦うのか、あるいはリング上で戦い方を決めるのか? とした質問に「ノーコメント」と、常々「石橋を叩いて渡る」と公言する通り、慎重に口をつぐんだのも“内藤流”。
 パフォーマンスに長ける両者だが、この日はそうした振る舞いはなく、すでに入場を待つ段階のように、ピリピリした空気を発していた。

 質疑応答が終了し、見やることもなく足早に立ち去った内藤に対し、にらみつけるような視線を送っていた亀田。
“戦うことが、運命だった”とキャッチコピーを打たれた一戦が、静かに、そして確かにこの日始まりを告げた。


単純にボクシングファンとして、対戦が楽しみな一戦。

亀田興毅は、いろいろありましたが、やはり実力は世界チャンピオンクラスだと思いますね。

二男とは実力が違うと思います。

予想としては、フルラウンド戦ってドロー。

もしくは僅差での判定で亀田興毅の勝利ではないかなと思っています。

どちらにしろ、倒すか倒されるかの乱打戦を期待したいです。

ただ亀田興毅は、言動とは裏腹に、負けない慎重なボクシングをするような気がしますよね。

後半8~10ラウンドまで王者・内藤大助がリードしてると、亀田興毅との打ち合いが見れそうですね。

どんな戦いになるにしろ、いまから楽しみな一戦ですね!


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8才馬カンパニーの強さに脱帽!!

【マイルCS】カンパニー最強8歳!サヨナラ勝ち! スポーツニッポン - 2009/11/23 7:02

 最強の8歳馬がラストランを最高の形で締めくくった。秋の最強マイラーを決定する「第26回マイルチャンピオンシップ」が22日、京都競馬場で行われ、1番人気のカンパニーが中団の内から持ち前の剛脚を発揮し、天皇賞・秋に続いてG1連勝。引退レースを見事に勝利で飾った。2着には逃げ粘った14番人気マイネルファルケ、3着にフランスのサプレザが入線し、3連単は10万円台の高配当となった。

 最高のフィナーレだ。レース前から降ってきた雨は最強8歳馬カンパニーの引退を惜しむ天からの涙雨だったのかもしれない。とにかく強い。来年もG1戦線で活躍できると感じさせるほどの完ぺきなレース内容だった。

 スタート直後から絶好のポジションを確保。道中は中団のインで他馬の出方をうかがいながら、万全の態勢で直線に入った。前のエヴァズリクエストとヒカルオオゾラの間を割ってグイグイ伸びる。逃げ粘るマイネルファルケを上がり3F33秒5の剛脚であっさりとらえ、最後は手綱を緩めるほどの完勝劇だ。天皇賞・秋で見せた“デットーリ・ジャンプ”を京都でも披露した横山典は満足げな表情で語った。

 「迷いなくいいスタートがきれた。いい瞬発力を持っているし、不利さえなければと思っていた。この秋は3回乗せてもらって、どれも状態は良かったけど、今回が一番いいと思った。ラストをいい形で終わって本当によかった」

 今秋は本当に中身が濃い3連勝だった。毎日王冠→天皇賞・秋では女帝ウオッカを倒しての勝利。そして最終戦では、前2走を上回るほどの出来で有終V。音無師も感慨深げに振り返った。

 「スタートで少しだけ行かせて、(中団の)あの位置をキープできたのがよかったかな。直線で伸びてきて、前もつまっていなかったし、内回りの入り口のところで勝てると思った」

 今夏は栗東近郊のグリーンウッドで調整。輸送で馬体に負担をかけることなく、充実した夏を過ごした。昨年のように馬体がガレることなく、秋の飛躍に見事つながった。

 「春と秋は調子がいい馬だけど、夏負けしてしまうと、その秋はどうしても調子が出なくなるから。今年は状態も良く、天皇賞からの中2週もオーバーワークだけ気をつけた。それにしてもたいしたものだ」

 音無師は驚異の8歳馬に賛辞を惜しまなかった。キャリア35戦で、重賞9勝の実績。雨で煙るカーテンコールの表彰式が素晴らしい引退式となった。

 「活躍を続けることで、応援してくれるファンも増えたと思う。1週間前に引退を発表したのも、そういった気持ちがあったから」

 今後は水曜まで厩舎で静養し、木曜午前には北海道の社台スタリオンに旅立つ予定。今度は種牡馬として強じんなタフさと勝負強さを次の世代に託していく。

 ◆カンパニー 父ミラクルアドマイヤ 母ブリリアントベリー(母の父ノーザンテースト)牡8歳 栗東・音無厩舎所属 馬主・近藤英子氏 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績35戦12勝 総獲得賞金9億3969万8000円。

ビックリする強さですね。

8才馬といえば、旧齢では9才馬。。。

以前の常識では、9才馬がG1を勝つなんて。

それも、秋の天皇賞・マイルチャンピオンの連勝なんて、絶対考えられないことでした。

が、このカンパニーの強さ。

レースは余裕を持って差し切りましたね。

血統的には地味なもの。

父ミラクルアドマイヤですから。

このカンパニーからG1馬が生まれて、そして脈々と血統が繁栄してくれたりしたらなんだか嬉しいですよね。

カンパニーの子供たちに期待しつつ、今週はジャパンカップ!!

豪華メーンバーが揃いました。

時間があれば観戦に行きたいなと。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青山博、伝統クラス最後の王者!ロードレース世界選手権シリーズ250ccクラス

青山博、伝統クラス最後の王者=技量と安定感で劣勢覆す-オートバイ 時事通信 - 2009/11/18 4:54

 オートバイのロードレース世界選手権シリーズの250ccクラスで、青山博一(28)=ホンダ=が念願の世界チャンピオンになった。同クラスの日本人年間王者は1993年の原田哲也、2001年の加藤大治郎(故人)に続く3人目。本格参戦6年目での快挙だった。
 王者決定はスペインでの最終戦、バレンシア・グランプリ(8日決勝)にもつれ込んだ。総合首位に立ち、11位以内ならタイトル獲得が決まる青山は、10周目でオーバーランし、11位に後退。逆転王座を狙うマルコ・シモンセリ(イタリア、ジレラ)が首位を奪い、青山のタイトルに黄信号がともった。
 だが、トップを奪ったシモンセリが残り7周で転倒し、痛恨のリタイア。この時点で青山の初王座が決まり、7位で歓喜の完走を果たした。
 AFP電によると、青山は「このタイトルを勝ち取って誇りに思う」と喜ぶ。49年に始まった250ccクラスは今年限りで廃止され、来年からモト2クラスが新設される。伝統を誇る250ccクラス最後の王者となり、「僕にとって特別なこと」と胸を張った。
 青山のホンダのバイクは既に開発が止まったマシン。エンジン性能で上回るライバルのマシンに速さで劣りながらも、優勝4回でリタイアなし。技量と安定感で頂点に立った。
 来季は最高峰のモトGPクラスに参戦する。トヨタのF1撤退など暗い話題の多かった日本のモータースポーツ界だが、シーズン最後に明るい話題で締めくくった。 

今年で伝統の250ccクラスが廃止なんですね。

原田哲也、加藤大治郎、深夜のレース中継で興奮しながら応援したもんです。

最近は、オートバイレース中継も地上波ではないようですし、なかなかレースを目にする機会がなくなりました。

でも、その分ネットが普及し、探そうと思えば情報は以前よりも多く探せます。

ちょうど80年代後半からバブルの真っただ中、マンガ「バリバリ伝説」に影響されて、バイクで峠攻めをしてた人は多いはず。

ボクもその一人ですが。。。

その影響で、バイクレースは随分見てきました。

しかし、ここ数年は、結果のみチェックする程度。

が、今回の青山の優勝で、またまたレースを見だしそうです。

いまでも普段の足はバイクですので、やっぱり好きなんですよね。

きっと、これからもバイクには係わっていくんでしょうね。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米3冠レース馬サマーバード、JCダート参戦!!

米3冠レース馬サマーバード、JCダート参戦
サンケイスポーツ - 2009/11/11 7:52


 米3冠最終戦ベルモントSの今年の優勝馬サマーバードがジャパンCダート(12月6日、阪神、GI、ダ1800メートル)への招待を受諾したことを、10日、JRAが発表した。米3冠レースの勝ち馬が日本で走るのは史上初めて。17日に来日し、主戦のケント・デザーモ騎手が騎乗する。

 サマーバードはケンタッキー州産の牡3歳の栗毛馬。’04ベルモントS馬バードストーンの初年度産駒で、母ホンコンスコール、その父は’90プリークネスS馬サマースコール。ティム・アイス厩舎に所属してニューヨークを拠点に調教され、9戦4勝、GIはベルモントS(ダ2400メートル)の他、父も勝った“真夏のダービー”トラヴァーズS(ダ2000メートル)も制覇。さらにジョッキークラブゴールドC(ダ2000メートル)も勝ったが、オールウェザートラック初出走となった続くブリーダーズCクラシック(2000メートル)は4着に敗れた。

 米国のダートは土というイメージなのに対し、日本は砂。JCダートでは米国のGIホースが振るわない一方、03年にはGレース未勝利だったフリートストリートダンサーが当時の日本ダート最強馬アドマイヤドンに競り勝つなど、実績がアテにならない面がある。まして、昨年から米国にはない右回りに変更されたように、サマーバードにも課題は多いが、能力は抜けているだけに盛り上がることは請け合いだ。


いや~、大物がやってきますね。

そして迎え撃つ日本ダート勢も、ここ近年レベルが高く、簡単にはいかないはず。

逆に日本馬の掲示板独占ってのもあると思いますね。

どちらにしろ、アメリカの3冠レースの勝ち馬が見れるってのは楽しみなこと。

ただ、開催地が阪神競馬場に変わったことで、見に行けないんですがね。。。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強牝馬、ゼニヤッタがブリーダーズカップを圧勝!

アメリカの競馬の祭典、ブリーダーズカップが先日開催されました。

そこで、注目されていたのが無敗の牝馬ゼニヤッタ!

ただし、その無敗というのも、全レースが牝馬同士とのことで実際の強さに半信半疑だったんですよね。

それが、どうでしょう。

レースは出遅れて最後方からのレース。

それが、最終コーナーを後方2番手最内の位置から、大外に持ち出すと、ものすごい鬼脚!!

並み居る競合牡馬たちを、あっという間に交わしての圧勝!!

次元が違う強さ。

ビックリしました!!


ゼニヤッタはゼッケン番号4番。

緑の帽子に緑の勝負服の騎手です。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
↓ホームページはこちら
ファイヤーキング&アメリカン雑貨 ミッドナイトラン
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの更新。。。

ココログの更新は随分と久しぶりです。


じつは、ココログはやめようと思っていたのですが、

ず~っと更新してきてたので、なんだか勿体なくなり、

更新を不定期に復活することにしました。


ココログは、プライベートなつぶやき。

FC2のブログは、商品紹介などショップに関係のあることにします。


てことで、今後はデザインもリニューアルしながら、のんびりと更新していきます。

ではでは、


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年12月 »